フルグラといちごを使ったあったかスイーツ♪「いちごのフラン」

2018年1月5日

食べ方提案

冬のあったかスイーツ「いちごのフラン」

おいしいいちごの見分け方
旬はいつ!? やっぱり冬は、いちごが大好き
冬はいちごの季節です。
「くつろぎながら、いちごをほおばる」なんとも幸せな、あの瞬間。洗ってそのまま食べる甘酸っぱいいちごも、ショートケーキを飾るいちごも、 みんな赤くてつぶつぶのいちごが大好き。 もちろんフルグラにも、甘みと酸味がギュッとつまったいちごが入っています。 今回は、いちごを使った「あったかスイーツ」をご紹介します。

いちごの栄養と旬
ビタミンCが豊富ないちご。1960年代までは、いちごの旬は5月〜6月でしたが、温室栽培がおこなわれるようになり、品種改良も進んで、秋から翌年の初夏まで出回るようになりました。
フルグラにも甘酸っぱいいちごが!

卵+生クリームのソースで、コクのあるおいしさに。
冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいですよ。
 今回は、見た目も可愛いあったかスイーツ「いちごのフラン」のレシピをご紹介。フランとは、卵液にクリームなどを加えて焼いたものの総称で、カスタードプリンもフランの一種です。熱々はもちろん、冷めてもおいしいので、おもてなしに作り置きもできます。


<材料>4個分
(直径8cm×高さ4cmのココット型)

フルグラ/30g
フルグラ(トッピング用)/5g
いちご/12個
薄力粉/20g
卵/2個
砂糖/20g
生クリーム/100ml
粉糖/適量


<作り方>
@いちごは洗ってヘタを取り除き、水気を拭き取る。
A薄力粉をボウルにふるい入れ、溶いた卵を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜ合わせる。
BAのボウルに砂糖を加えて混ぜ、さらに生クリームを3回に分けて加えて混ぜ合わせる。全体がなめらかになったら、フルグラを入れてさっと混ぜる。
CココットにBのフラン液といちごを均等に入れ、最後にフルグラ(トッピング用)を飾る。
D温めておいたオーブントースターで8分〜10分焼く。
E粗熱がとれたら、粉糖を茶こしでふるいながらかけて、できあがり。