ワールドバリスタチャンピオン監修!フルグラビッツ×オリジナルコーヒーセットが登場
2021/09/22 10:00

10月1日は国際コーヒーの日!

10月1日はコーヒーの生産や貿易に関する協定を協議・実施する国際コーヒー機関が定めた「国際コーヒーの日(International Coffee Day)」です。
 コーヒーの新年度が始まるのが10月で、日本でも全日本コーヒー協会により制定されています。コーヒーとコーヒーに携わる人たちをお祝いする日として関連する企業や団体がイベントやキャンペーンなどを実施しています。
この度、『フルグラ©』から生まれたま~るいひとくち『フルグラビッツ』がコーヒーとセットで召し上がっていただく食シーン提案としてアジア人として初めてワールドバリスタチャンピオンに輝いたバリスタである井崎英典さんとのコラボレーションが実現しました!

井崎英典さんプロフィール
第15代ワールド・バリスタ・チャンピオン
株式会社QAHWA代表取締役社長
1990年生まれ。高校中退後、父が経営するコーヒー屋「ハニー珈琲」を手伝いながらバリスタに。2012年に史上最年少でジャパン・バリスタ・チャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールド・バリスタ・チャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなり、以後独立。現在は年間200日以上を海外で過ごしつつ、コーヒーコンサルタントとしてBrew Peaceのマニフェストを掲げてグローバルに活動。ヨーロッパやアジアを中心に、コーヒー関連機器の研究開発、小規模店から大手チェーンまで幅広く商品開発からマーケティングまで一気通貫したコンサルティングを行う。


フルグラビッツ×コーヒー
「オフィスでコーヒーを飲みながらフルグラビッツ」「おうちでのリラックスタイムにカフェラテとフルグラビッツ」という声を社内外でよく伺っており、実際にフルグラビッツを召し上がっていただいた方に「フルグラビッツを食べる時に一緒に飲みたいと思う飲料は何ですか?」というアンケートを実施したところ、実に約半分にあたる48%の方が「コーヒー飲料」と回答されました。(回答数:969)
フルグラビッツは女性のひとくちに合わせた直径20㎜ほどのサイズで、指でつまんでパクっと食べられポロポロとこぼれることもありません。味はほんのり甘いグラノーラの生地にトッピングのフルーツの酸味がアクセントとなった飽きのこない味わいになっており、コーヒー・カフェラテのあるシーンにピッタリの食べやすさであることと、甘味・酸味がコーヒーの苦味・酸味にマッチし、多くの方が「フルグラビッツ×コーヒー」の食べ方に共感いただけたのだと思います。(フルグラビッツは食物繊維・鉄分・8種のビタミンたっぷりでおいしく栄養を摂りたいという方にもぴったりです!)
この度コーヒーとの食シーンをより豊かな時間にするべくアジア人として初めてワールドバリスタチャンピオンになった井崎英典さん監修の下フルグラビッツにペアリングするオリジナルコーヒーを開発いただき、セット販売する運びとなりました!
 
オリジナルコーヒー
今回開発された世界でここにしかないオリジナルコーヒーをご紹介します!その名も「フルグラビッツブレンド」です!


北欧のテキスタイルのような可愛らしいイラストでホッと一息つけるような優しいデザイン。井崎英典さんの自筆サインも。
 
中深煎りでミルクに負けないコクもありつつ、ベリーの酸味も感じられる完全オリジナルコーヒーで、フルグラビッツのいちごやレーズンの酸味、オーツ麦の穀物感、鼻から抜けるココナッツの香りといった味の特徴とケンカをしない、そっと寄り添うような味わいに仕立てています。カルビーと井崎さんで何度も協議をし、そのたびに試作をいただいてやっとたどり着いた味わいになっています。

井崎さんとのコーヒー開発風景
 
〈コーヒー開発での井崎さんコメント〉
フルグラビッツはいちごやレーズンのドライフルーツの酸味が特徴的です。単体で食べるとメリハリのある味わいですが、コーヒーの酸味とは相性が良くありません。フルグラビッツとペアリングするために、いちごやレーズンを思わせる酸味を持つコーヒーを選定し、フルグラビッツの酸味とうまくマリアージュさせる必要がありました。もちろん、細かい焙煎度合いの調整、ブレンドの配合比率など徹底的にこだわり抜きましたが、特に苦労した点はフルグラビッツの酸味にジャストで合う酸味を持つコーヒーを選ぶ工程です。その結果、フルグラビッツと一緒に飲むからこそ楽しめる唯一無二のブレンドができたと思います。

フルグラビッツに合うコーヒー
コーヒーは産地や煎り具合により味わいが異なりますがこの度井崎さん目線でフルグラビッツと合わせるならどんなコーヒーが良いかがわかる「フルグラビッツに合うコーヒー味わい表を作成いただきました。次に買うコーヒーを迷っているようでしたら是非ご参考にいかがでしょうか。1歩進んだ内容になりますが、ここまで楽しめればフルグラビッツもコーヒーも上級者!


フルグラビッツ×コーヒーペアリングレシピ
 オリジナルコーヒー開発と同時に井崎さん監修のフルグラビッツとコーヒーを楽しむペアリングレシピを2つ作成しました。こちらはフルグラビッツブレンドがなくても楽しめるレシピとなっています。バリスタ目線で作成されたレシピは数あるカルビーのアレンジレシピの中でも初。一見・一作の価値ありです。是非お試しください!それぞれの「Barista’s comment」にもご注目を!
●No.1 午前にオススメレシピ 「ミルクブリュー」

コーヒーバッグを牛乳に漬け込むことによって生まれる甘くない、「大人のカフェラテ」のような味わいに!
●No.2 午後にオススメレシピ 「ティラビッツ」

コーヒーの香りと苦み、マスカルポーネのコクとクリーミーな味わい、フルグラビッツのザクザク食感のマリアージュ!

今回のフルグラビッツ×コーヒーのペアリングについて、カルビーからオファーが来た感想や井崎さんから見たフルグラビッツの印象など
日本中の家庭を食で明るく照らしてきたカルビーとコラボレーションできることを心より光栄に思っています。私は「Brew Peace」というビジョンを掲げ、コーヒーを通してホッと心休まる素敵なコーヒーブレイクをプロデュースして世界中の方々を幸せにしたいと願い続けてきました。多くのお客様に愛されるフルグラビッツの魅力をコーヒーを通してさらに引き出し、お伝えできる最高のコラボレーションになったと思います。
 
フルグラビッツ担当者の思い
私は学生の頃からコーヒーを飲み始め、今ではコーヒーを飲まない日はなく、1日3杯くらいはコーヒーを飲むコーヒー大好き人間です。社会人になって間もない頃、長野県で営業をしており、軽井沢に本店のある丸山珈琲のコーヒーのおいしさに感動しました。この度その丸山珈琲で修業され、アジア人として初めてワールドバリスタチャンピオンになられた井崎さんと一緒にお仕事させていただけたことは不思議な運命を感じるとともに、一生忘れられない経験になりました。
フルグラビッツは2020年3月に発売し、まだ歴史の浅い商品にはなりますが、コーヒーと一緒にもっともっと多くの方にいつでもどこでもホッと一息つけるような時間を楽しんでいただきたいと思います。